美容に話題のお酢の効果、歴史や注意点もご紹介!

美容に話題のお酢の効果、歴史や注意点もご紹介! 調味料

そもそもお酢とは?お酢の歴史

お酢はバビロニアで紀元前5000年頃作られた、世界最古の調味料と言われております。
バビロニアの人々は、農耕的で定住的な民族であり、果実などからお酒を作っていた記録もあります。
その中で自然の酢酸菌が作用し、偶然誕生したのがお酢の始まりと言われております。

そしてその後、中国から、日本にお酒を造る技術とともに米酢の醸造技術が伝えられました。(4∼5世紀頃)

お酢とはどんなもの?お酢の特徴

お酢とは、「お酒」を「酢酸菌」で「発酵」させたものの事です。お酢は糖分を持つ原料を元に作られており、それぞれの土地に合った農産物を原料にしていて、多くの種類があり、       地域によって作られる事の多いお酢は変わります。

アジア地方で良く作られているお酢 お米や小麦など穀物を原料として作られる「穀物酢」 米酢、黒酢、など
欧米地域で中心的に良く作られているお酢 リンゴやぶどうなど果物を原料に作られる「果実酢」 バルサミコ酢やりんご酢など

お酢って体にいいの?お酢の効果

お酢は美容や健康でメディアでも取り上げられている程、素晴らしい効果が期待できる食品です。そして、有名な効果としては

血糖値の上昇を抑える効果
便秘改善の手助けをする効果
内臓脂肪を減らしてくれる効果
疲労回復のお手伝いをしてくれる効果
などが期待できると言われています。

一日に摂ると良いお酢の量

様々な効果を期待できるお酢ですが、もちろん1日で効果が出るわけもなく、これらの効果を得るためには、
1日あたり15mL(大さじ1杯)程度を継続して摂取する必要があると言われております。

※注意すべき事

お酢の注意すべき事を3つ理由と共にお伝えします。

注意① 甘いお酢ドリンクの原材料に注意! 砂糖や果実などを含んでおり血糖値を抑える為に飲んでいるのに、逆に血糖値が上昇してしまう事もあります。
注意➁ 胃や腸の炎症に注意! 酢は刺激が強いので、胃などが、弱い方は、注意してください!(喉も炎症を起こす可能性が、あります。)
注意③ 歯がボロボロになる! 過度な摂取は、酢によって歯が溶けてしまいます!酸蝕歯と呼ばれる歯の病気になってしまうそうです。(炭酸や栄養ドリンク)

その他にも貧血や吐き気など、お酢の過剰摂取により、体調不良を引きを超すこともありますので注意します。

田中農場白ねぎ酢

田中農場白ねぎ酢は植え付け後、化学農薬や化学肥料は一切使用しない特別栽培の白ねぎで造られた安心安全のお酢です。

白ねぎ酢

まとめ

古くから存在しており、美容に健康に様々な効果が期待できると言われている酢ですが、適量を守る事を頭に入れておく必要もありそうですね。
多くても大さじ2ほどで留めておきましょう。
そして、正しくお酢を摂取して、健康的で美しい体づくりを心がけましょう♪♪

 

今回参考した引用サイト日本自然発酵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました