ひとり暮らしにおすすめ!「炊飯器が無くてもできる、フライパンで炊くおいしいお米の炊き方」

お米をしゃもじで切っている画像 商品について

普段は主食はパン派だが、両親がお米を送ってくれた。しかし、一人暮らしの家には炊飯器がない。そんな方に、「炊飯器が無くてもできる、フライパンで炊くおいしいお米の炊き方」をご紹介します。

用意するもの

袋でのお米の保存の画像

・直径24㎝のフラパンひとつ
・お米:1合(150g)
・お水:180ml

フライパンでできる!おいしいお米の炊き方

【①お米を計る】
お米を炊く時に1番気をつけないといけないのが、お米とお水の分量です。
まずはお米の量から。
計量カップにきちんと一杯分入れます。計量カップがない場合は、はかりで150g(1合分)計ってください。きっちり計ることが大切です。
お米一合の画像⚠︎この写真は一合分です。

【②お米を研ぐ】
お米を研ぐときに注意したいのが、研いだお米の色!
透明な色になるまで研ぐのではなく、水がうっすら濁っているぐらいでOKです。透明になるまで研いでしまうと、せっかくのお米の旨みまで洗い流してしまうので注意してください。
お米を研いだ後の画像

【③水を切る】

1.洗った後はお水をしっかり切ってください。
2.その後、フライパンにお米を入れてください。

【④お水を入れる】
1.お水の分量は180ml。きっちり計ってください。
2.そして、フライパンにお水を入れ、お米と混ぜ合わせ、フライパンに平らになるようにします。

【⑤フライパンにセットする】
1.強めの中火にかけます。
強めの中火の画像

2.沸騰させます。
お米が沸騰している直前の画像
3.沸騰したら全体を混ぜて平らにならします。
お米が沸騰している画像
4.蓋をして弱火で10分程度炊き、中火で20秒炊いて火を止めます。
蓋をしている画像
5.そして蓋をしたまま、10分蒸らします。
蓋をして蒸している画像
6.蒸らし終わったら、蓋を外してしゃもじで十字を切るように混ぜ、水分を飛ばします。
お米をしゃもじで切っている画像
7.器に盛り付けて完成です。
出来立てのご飯の画像

蒸らしすぎると蓋の水蒸気がご飯の表面に付き、ベタつく原因にもなるので蒸らし時間に気をつけてください。

ポイント:蓋をしてから炊き上がるまで絶対に蓋を取らないでください。
中の様子が見たい気持ちをグッと抑えて我慢しましょう!

一回で食べきれなかった場合は、温かいうちにラップに包んで冷蔵庫で保存しましょう。そうすることでお米に甘みが増し、おいしく食べられます。ふんわりとしたおいしいお米が出来上がります。ぜひ、試してみてください。

おわりに

ひとり暮らしで炊飯器が無い人向けに、「炊飯器が無くてもできる、フライパンで炊くおいしいお米の炊き方」をご紹介しました。ポイントはなんと言っても、お米とお水をきっちり計ることです。そうすることで、ふんわりとしたおいしいお米が炊き上がります。ぜひ試してみてください。

特別栽培で育った田中農場こだわりのお米はこちら!

特別栽培米 こしひかり白米5kg

鳥取・田中農場の特別栽培米こしひかり5kg

甘み、ツヤ、粘りの3拍子そろった特別栽培米こしひかり5kg。
田中農場のこしひかりは、もちっとしていて甘く、お米の味がしっかりと感じられるお米です。

特別栽培米 こしひかり白米5kgのご購入はこちら>

特別栽培米 ひとめぼれ白米5kg

鳥取・田中農場の特別栽培米ひとめぼれ5kg

田中農場のひとめぼれは、ツヤと適度な粘り気、口当たりの良さが魅力でやさしい味わいです。
冷めてしまっても、お米の甘みをしっかりと感じられます。

特別栽培米 ひとめぼれ白米5kgのご購入はこちら>

カレー専用米 プリンセスかおり5kg

鳥取・田中農場のカレー専用米プリンセスかおり5kg

「プリンセスかおり(カレー米)」は、鳥取県で開発された新しい品種のお米。
”香り米”と呼ばれる通り、香ばしい香りが特徴です。
香りの良さから「子どもがご飯ばかり食べる!」と評判の香り米。
無洗米ですので、袋から取り出してお水を入れてスイッチオン!手間もかからずに、あっという間に香ばしい香りとともに美味しく炊きあがります。

カレー専用米プリンセスかおり5kgのご購入はこちら>

コメント

タイトルとURLをコピーしました