最強寒波を乗り越え旨みと甘みが凝縮された「極寒越冬白ねぎ」 数々のメディアに取り上げていただきました!

全国ネットのテレビ・ニュースeveryで紹介 鳥取・田中農場の極寒越冬白ネギ メルマガ配信

1月15日(金)より販売をスタートした、鳥取・田中農場の「極寒越冬白ねぎ」

この極寒越冬白ねぎがたくさんのメディアに取り上げていただいているのです!!
嬉しい〜!みなさんの応援のおかげです。本当にありがとうございます(><)

本日は、メディアに取り上げていただいた時の様子、極寒越冬白ねぎのオススメの食べ方紹介をさせてください♪

田中農場の極寒越冬白ねぎ ご購入・詳細はこちら

改めて「極寒越冬白ねぎ」とは

「極寒越冬白ねぎ」とは、雪の下で最強寒波(マイナス9℃以下)の強い寒さに耐え、甘さのピークを迎えた白ねぎ(長ネギ)のこと。

鳥取県では、昨年12月半ばの初雪で30cm、年末の寒波で50cmの積雪がありました。
雪の下で凍る寸前まで冷やされたネギは「とにかく甘い」。
なかなか味わうことのできない、氷点下の強い寒さに耐え抜いたからこそ味わえる旨みと甘みが凝縮された白ねぎ、それが「極寒越冬白ねぎ」です。

極寒越冬白ねぎは、有限会社田中農場の登録商標です。登録番号:第6155528号

なぜ田中農場の極寒越冬白ねぎは美味しいのか?

「とにかく甘い」と言ってもどのくらい甘いのか?
田中農場の極寒越冬白ねぎの糖度は、12度。なんとこれは、みかんや牡蠣に匹敵する甘さなのです。
通常の白ねぎよりも、3度程度高い糖度で育っています。

土に埋もれた白ねぎの白い部分は、土壌によって零下の寒風に晒される事なく凍結から守られています。
さらに、自らを凍結から防ぐために自身が持つアミノ酸を糖分に分解し凍結しないようにしているため、従来の冬期間より糖度が増し、さらに甘くやわらかくなります。

メディア掲載情報

2021/01/13 ▶︎日本海テレビ「ニュースevery日本海」

2021年1月13日日本海テレビ ニュースevery日本海に鳥取・田中農場の極寒越冬白ねぎを取材していただいている様子

1/13、第一回目は日本海テレビ「ニュースevery日本海」さんが取材にきてくださいました!
以下、番組紹介HP日本海テレビ記事より引用。

田中里志代表取締役は「本来だったら本当に困った状況なわけだが、せっかく甘く育ったネギがこの寒波でさらに甘くなっているので、このおいしさをぜひ届けたい」と考え、これを「極寒越冬白ネギ」と名づけ、あえてブランド化した。
出荷の際には青い葉の部分を切り落とすため、見た目は少し不格好だが、品質は例年以上のできだと自信をのぞかせていた。

日本海テレビ ニュースevery日本海 番組放映内容はこちら

2021/01/15 ▶︎BSS山陰放送「テレポート山陰」

2021年1月15日BSS山陰放送 テレポート山陰に鳥取・田中農場の極寒越冬白ねぎを取材していただいている様子

1/15、取材にきてくださったBSS山陰放送「テレポート山陰」の記者さん。
白ネギの丸かじり体験をしていただきました♪
記者さんは、「白ネギの取材は何度かさせてもらいましたが、丸かじりを進められたのは初めてです!」とおっしゃられておりました。

さらに、フライパンで軽く焦げ目をつけてゆっくり火を通したものも食べていただきました。
蒸し焼きにした極寒越冬白ねぎは、中までクリーミーでとてもジューシーに仕上がり、より甘みが凝縮された一品に!
「甘みがすごい!」と感動的なコメントもいただきとても嬉しかったです。

BSS山陰放送 テレポート山陰 番組放映内容はこちら

2021/01/18 ▶︎TSK山陰放送テレビ「イット」

2021年1月18日TSK山陰放送テレビ イットに鳥取・田中農場の極寒越冬白ねぎを取材していただいている様子

1/18には、TSK山陰放送テレビ「イット」さんが取材にきてくださいました♪
こんな時ですので、最近では暗いニュースがおおく、このような明るいニュースは本当に数少ないそうです。イットの記者さんも「明るいニュースはいいですね!」と言ってくださいました。

この日も、フライパンで軽く焦げ目をつけてゆっくり火を通した極寒越冬白ねぎを食べていただきました。
ぽん酢でいただくと、より甘みを感じることができますよ◎

TSK山陰放送テレビ イット 番組放映内容はこちら

極寒越冬白ねぎの甘みを楽しむなら焼きネギ

取材の様子のなかでもお伝えしましたが、みかんや柿並みの極寒越冬白ねぎの甘みを味わうオススメの食べ方は、白ねぎを大きめに切ってグリルで外側が焦げるまで焼くだけのシンプルな「焼きネギ」なんです。
極寒越冬白ねぎのそのものの甘みが活きた食べ方です。

粗めの岩塩や、田中農場の特製白ねぎぽん酢をつけてお召し上がりいただくと、極寒越冬白ねぎ本来の甘みをさらにお楽しみいただけるのでおすすめです!◎

若干不格好、でも甘くてやわらかい希少な白ねぎ

土より上に育つ青い葉の部分は、最強寒波の寒さで完全に凍ってしまい、それが溶けると「冷凍焼け」が発声し萎びてしまうため、青い葉の部分は取り除くしかありません。
青い葉の部分がなく土の中の白い部分しかない白ねぎは、若干不格好。
しかし、甘くてやわらかい希少な白ねぎは、真の美味しさであることは確かです。

ぜひ、噛んだ瞬間口の中にひろがる甘みをご堪能ください!

鳥取・田中農場の氷点下が続く年だけお届けできる「極寒越冬白ねぎ」購入はこちら!

全国ネットのテレビ・ニュースeveryで紹介 鳥取・田中農場の極寒越冬白ネギ
内容量は、1kg・2kg・3kgよりお選びいただけます。
ネギの本数は太さによって変わってくるので、1kg約6〜10本・2kg約12〜20本・3kg約18〜30本でご用意させていただきます。
太さ・長さはネギによって違いますが、味は落ちることのない旨みと甘みが際立った白ネギです。

田中農場の極寒越冬白ねぎ ご購入・詳細はこちら

白ねぎをたっぷり楽しめる白ねぎ&田中農場自慢の4種調味料のセット

鳥取・田中農場自慢の甘くて柔らかな白ねぎをいろいろな味で楽しめるたっぷり極寒越冬白ネギ2キロ&田中農場自慢の調味料4種セット
田中農場自慢の白ねぎ(極寒越冬白ねぎ)をいろいろな食べ方で楽しんでいただきたいと思い、田中農場の特製調味料で食べ比べできるスペシャルセットをつくりました!
内容は、極寒越冬白ねぎ2kg(約12~20本)、そして特製白ねぎぽん酢・特製白ねぎ酢・特製みそ・酒かすの4種の調味料が入っています。
さらに安心の送料無料です!お世話になった方への贈り物に、鳥取県の産地直送白ねぎ&調味料セットをぜひどうぞ(^^)

たっぷり極寒越冬白ねぎ2kg&田中農場自慢の4種調味料のセット ご購入・詳細はこちら

田中農場自慢の白ねぎ、たくさんの方にお届けできるよう頑張っていきます!
ぜひ田中農場の極寒越冬白ネギを、鍋物・すき焼き・天ぷら・お味噌汁などさまざまなお料理にお役立てください◎
白ねぎは風邪予防にもなりますので、ぜひたくさん入れてお召し上がりくださいね(^^)


こちらの記事は2021年1月22日に配信したメルマガを記事にしたものです。
田中農場では毎週一度金曜日にメルマガの配信を行っています。新商品やレシピの情報、時節ネタや農場のようすなどをお送りしています。
メルマガ会員登録お待ちしています^^

★田中農場メールマガジン会員登録はこちらから★

コメント

タイトルとURLをコピーしました