古くから愛されるネギの歴史とバラエティに富んだ地方品種をご紹介!

広がるネギ畑 白ねぎ(長ネギ)

こんにちは。田中農場 広報担当の吉田です。
今日は、ネギの歴史と地方品種ネギの特徴や魅力をご紹介します!

古くから日本に伝わるネギの歴史

ネギは、外国から伝来した数多くの野菜のなかで最も古いものの一つで、原産地は中国西部、シベリア南部などの寒い地域です。

日本では、『日本書紀』(720年)に記載があったことから、朝鮮から奈良時代以前に伝来したとされています。
栽培されていたとされるのは、平安時代。
「延喜式」(967年)に栽培方法の記載があったことから、日本でも平安時代には栽培されていたと推測されています!

中国から日本に伝来した当時から、すでに根深ネギ(太ネギ。根元の白い部分が長く、耐寒性に優れる)と葉ネギ(九条ネギなど。一年通して収穫可能。)に分化されており、根深ネギは寒冷な東日本や耕土の深い関東に土着、葉ネギは温暖な西日本に土着したと考えられています。

曲がりネギ 主な産地:東北・北陸地方

東北・北陸地方で作られる葉が柔らかく甘味と香りが高い曲がりネギ

葉が柔らかく、甘みと香りが高い上に味がよい。栽培方法は、苗を斜めに寝かせて植え付けられる伝統的な栽培法で、耕土が浅く地下水位の高い地域で行われています。苗を斜めに寝かせて植え付けるので曲がったネギとなり、直立しようとして曲がって成長したネギは、特有の柔らかさと甘さ、風味が増すと言われています

平田赤ネギ 主な産地:山形県酒田市

山形県酒田市の伝統野菜で根元が鮮やかな赤色の一本ネギ平田赤ネギ 

山形県酒田市の伝統野菜で、根元が鮮やかな赤色の一本ネギ。生のままで刻めば辛みが際立ち、火を通すととろみや甘みが出ます。味の良さと見た目の美しさが認められ、価格は通常ネギのなんと2~3倍!栽培期間の長さや手間の多さから、農家が自家用栽培することが多かったが、近年関東に出荷されるようになりました。独特の赤色が、料理に彩りを添えてくれます。

下仁田ネギ 主な産地:群馬県甘楽郡下仁田町

短く太い白根が特徴的な下仁田ネギ

短く太い白根が特徴的な白ねぎ。非常に辛みが強いため生食には向かないが、加熱すると中のゼラチン質がとろっとした舌触りになって甘みが出ます。さらには柔らかい肉質なので、鍋物、特にすき焼きに最適。二百数十年前から栽培され始め、江戸で評判を呼び、幕府や大名に献上されたことから「殿様ネギ」の異名をもちます。最近では品種改良が繰り返され、他地域でも栽培されています。

赤ネギ(圷ネギ) 主な産地:茨城県城里町

軟白部の外皮は鮮やかな赤紫色だが、内部は白いのが特徴 赤ネギ(圷ネギ)

軟白部の外皮は鮮やかな赤紫色だが、内部は白いのが特徴。株が分かれて本数が増えていく分げつ性の根深ネギです。青葉はとても柔らかく味がよい。鮮やかな赤紫色が料理に彩りを添えてくれます。

 

深谷ネギ 主な産地:埼玉県深谷市

繊維のきめが細かく、白くて柔らかい白ねぎ 深谷ネギ

繊維のきめが細かく、白くて柔らかい白ねぎです。糖度が10~15度前後と高く、その中でも冬の深谷ネギは特に甘いため、秋冬ネギの代名詞として知られています。深谷ネギは品種名ではなく、深谷市周辺で栽培された根深ネギの総称。

 

千寿ネギ 主な産地:東京都

根深ネギの中から選ばれた最上ランクの長ネギ 千寿ネギ

千住群(根深ネギ)と呼ばれる品種の白ねぎ(長ネギ)の中から、東京都足立区千住河原町「草加山柏青果物市場」のせりで選ばれた最上ランクの長ネギ。年末には、なんと糖度が15度を超え、もっとも甘く美味しくなります。

 

越津ネギ 主な産地:愛知県江南市・一宮市

根深ネギと葉ネギの中間タイプで、辛みが弱いのが特徴 越津ネギ

根深ネギと葉ネギの中間タイプで、辛みが弱いのが特徴。白根・葉ともに歯触りが柔らかく味が良い。葉ネギとしても使用されています。愛知県津島市越津が発祥の地で、江戸時代に将軍に献上されたネギということから、愛知の「伝統野菜」に認定されています。

 

岩津ネギ 主な産地:兵庫県朝来市

白ネギと青ネギの中間タイプで白ネギとは違った香り、甘さ、柔らかさが特徴的 岩津ネギ

白ネギと青ネギの中間タイプ。白ネギとは違った香り、甘さ、柔らかさが特徴的です。緑の葉まで美味しく食べられ、降雪の時期になると甘みと柔らかさが一段と増します。九条ネギの種から作られた、兵庫県朝来市岩津で選抜された品種です。

 

九条ネギ 主な産地:京都府

京都特産の葉ネギ 九条ネギ

京都特産の葉ネギ。白根の部分が少ないことから、緑の葉まで全て食べます。強い香りと甘みが特徴的で、葉の内部にぬめりがあり口当たりはやわらか。寒さが厳しくなるほどぬめりが強くなり甘みが増します。和食、洋食、中華など幅広く用いられています。

 

観音ネギ 主な産地:広島西区観音

葉ネギと白ネギの中間のタイプで、一般的な葉ネギより白い部分が長くやや太い 観音ネギ

葉ネギと白ネギの中間のタイプで、一般的な葉ネギより白い部分が長くやや太い。葉は柔らかく香味が強いのが特徴です。九条系の葉ネギ用品種で、広島市の在来種。高温成長性があり夏から秋に収穫されます。

 


参考文献:
農山漁村文化協会編(2018)『最新農業技術野菜vol.11:特集ネギ・ニラ・ホウレンソウの安定多収技術』㈳農山漁村文化協会.
内田悟(2017)『ニッポンの地方野菜』㈱KADOKAWA.
上毛新聞社編(2014)『下仁田ネギの本』上毛新聞社事業局出版部.
松本美枝子(2015)『ネギの安定栽培:秋冬・夏秋・春・初夏どりから葉ネギ、短葉ネギまで』㈳農山漁村文化協会.
regia・真木文絵・野口久美子編(2016)『新・野菜の便利帳:おいしい編』板木利隆監修,高橋書店.

田中農場の白ねぎはどんな特徴があるの?

全国ネットのテレビ・ニュースeveryで紹介 鳥取・田中農場の極寒越冬白ネギ

2021年1月15日現在、田中農場で販売している白ねぎは、2021年1月の最強寒波(マイナス9℃以下)の強い寒さに耐え、甘さのピークを迎えた白ねぎ(長ネギ)「極寒越冬白ねぎ」です。

雪の下で凍る寸前まで冷やされたネギは「とにかく甘い」。
私たち田中農場はこの3年ぶりのチャンスを活かし、この大寒波を過ごしたこの時期しか味わえない白ねぎを「極寒越冬白ねぎ」と名してインターネット限定販売を開始いたします。

実に3年ぶりの登場となる「極寒越冬白ねぎは、氷点下が続く最強寒波を乗り越えた年だけお届けできるこの時期にしか味わえない白ねぎです。

ぜひ、噛んだ瞬間口の中にひろがる甘みをご堪能ください!

最強寒波を乗り越え甘さのピークを迎えた白ねぎ「極寒越冬白ねぎ」 購入・詳細はこちら


いかがでしたでしょうか?
日本では、平安時代から古くから伝われ愛される白ねぎ(長ネギ)。
68種類と多種多様な白ねぎが存在していることがそれを物語っていますよね。
さまざまな白ねぎで豊かな食生活を楽しんでください♪

田中農場の白ねぎも、ぜひご賞味くださいね(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました