白ねぎと長ねぎは同じ野菜?!それぞれの違いをご紹介

泥のついた白ネギ(長ネギ) 田中農場の特製たなか味噌

食卓に欠かせない万能食材の一つ「ネギ」
その「ネギ」の中にも様々な種類があり、白ネギや長ネギ、青ネギ、葉ネギ、そしてネギに似ているものでは「わけぎ」など色々な名前がありますね。
ですが、「それぞれのネギの明確な違いは分からない……」そんな方は多いのではないでしょうか?
このブログでは、その違いについて説明いたします!

ネギの種類は大きく2つ

ネギには、大きく分けて2つの種類があります。
1つ目は、根元の白い部分を食べる「根深(ねぶか)ネギ」2つ目は、緑色の葉の部分を食べる「葉ネギ」です。

では、この2種類のねぎをもっと深掘りしてみましょう。

根深(ねぶか)ネギ=白ねぎ・長ねぎ

白ネギとは? 白ネギは、茎を包んだ葉の部分である葉鞘(ようしょう)が白く長いネギのこと。長ネギ・根深ネギなどとも呼ばれています。ということは、白ネギと長ネギは名前は違っても同じものということ。

根深ねぎとは、“ネギの根本が白く長いネギ”のことをいいます。
一般的に「白ネギ」や「長ネギ」として販売されていますね。

白ネギと長ネギ、呼び名が違うけれども、実はまったく同じお野菜です!

白ねぎと長ねぎは同じ野菜!

じゃあどうして呼び名が違うのでしょう?
それは、地域によって呼び名が違うからです。スーパーや販売店によっても変わってきます。

田中農場のある鳥取県では「白ネギ」が一般的ですが、関東のスーパーでは「長ネギ」が主流のようです。

中には、各店舗できめた長さによって「長ネギ」といったり、葉の部分をカットして白い部分だけにして「白ネギ」と表記する場合もあるそう!

とにかく、どちらにしても「白ネギ」と「長ネギ」は一緒のお野菜なのです^ ^♪

葉ネギ=青ネギ・小ネギ

青ネギとは? 青ネギは、緑の部分が長く枝分かれしていて葉の先まで食べられるネギのこと。葉ネギ・万能ネギなどとも呼ばれています。

葉ネギは、“緑の部分が長く枝分かれしていて葉の先まで食べられるネギ”のこと。
長ねぎよりも細かく小さい葉ネギ。「青ネギ」「小ネギ」「万能ネギ」などとも呼ばれています。

ちなみに青ネギに似たもので「わけぎ」がありますが、これはネギと玉ねぎを、交雑させたもので青ネギとは別物になります

まとめ

・「白ねぎ」=「長ねぎ」は根深ネギという同じ野菜
・「葉ネギ」=「青ネギ」・「小ネギ」
・「わけぎ」は、ネギと玉ねぎを交雑させたもので青ネギとは別物

田中農場で販売しているのは「白ねぎ」です!

田中農場では、農薬・化学肥料不使用の白ねぎを販売しています。
私達の栽培のこだわりは、植物本来の美味しさを最大限に引き出すよう、土づくりからこだわり、手をかけ、大切に育てています。

味は、柔らかくて甘みが強いのが特徴です。
ねぎ独特の辛みや酸味よりも強い甘みが勝っており、歯触りはシャキシャキ感を残しながらもとっても柔らか。焼いて味噌をのせるだけでも一品になるほど、存在感抜群の食材です。

ぜひお試しくださいね!

旬の白ネギをたっぷり楽しめる白ネギ&田中農場自慢の4種調味料のセット

【送料無料 5,000円税込】たっぷり白ネギ2キロ&田中農場自慢の調味料4種セット~甘くて柔らかな白ねぎをいろいろな味で楽しめる!

田中農場自慢の白ねぎをいろいろな食べ方で楽しんでいただきたいと思い、田中農場の特製調味料で食べ比べできるスペシャルセットをつくりました。
内容としては白ねぎが2kg(約12~20本)、そして特製白ねぎぽん酢・特製白ねぎ酢・特製みそ・酒かすの4種の調味料が入っています。
さらに安心の送料無料。一年間お世話になった方への贈り物に、鳥取県の産地直送白ねぎ&調味料セットをぜひどうぞ。

白ネギ2kg&田中農場自慢の4種調味料のセット 購入・詳細はこちら

田中農場のとろっと甘〜い特別栽培白ねぎ

農薬・化学肥料不使用の鳥取・田中農場の特別栽培白ねぎ(長ネギ)

田中農場のとろっと甘〜い特別栽培白ねぎ 購入・詳細はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました