カレー専用米プリンセスかおりで洋風変わりちらし寿司~お客様考案のレシピをご紹介~

プリンセスかおりで洋風ちらし寿司 プリンセスかおり米(カレー専用米)

2020年の夏(7月10日~9月末)、わたしたち田中農場では、「カレーがう米!キャンペーン」と題して、カレー専用米プリンセスかおりのレシピを広く一般公募させていただきました。
皆さまにたくさんのご応募をいただき、ほんとうにありがとうございました。
本日はまず「洋風変わりちらし寿司」のご紹介をさせていただきます!

カレー専用米・プリンセスかおりとは?


「プリンセスかおり(カレー米)」は、鳥取県で開発された新しい品種のお米です。鳥取県鳥取市はカレールウの消費量が全国第1位(2014年~2016年)になるほど、カレー大好きな県民性を持つ地域。そんな鳥取県だからこそ、カレーに合うお米が生まれました。
プリンセスかおり米(カレー米)は、インド系の高級香り米品種「バスマティー370」の香りを受け継ぐ「プリンセスサリー」と、「コシヒカリ」の大粒突然変異株「いのちの壱」から生まれました。プリンセスサリーからポップコーンのような香りを、「いのちの壱」から粘りと旨みを引き継いでいます。

プリンセスかおりで洋風変わりちらし寿司

こちらのレシピは鳥取県のふくだきょうこさまからいただきました。
ふくださま考案のレシピは田中農場のフレンチドレッシング「ネギネージュ」も使っていただいた、洋風ちらし寿司。さつまいもや枝豆も使った変わりちらし寿司ですよ~♪

材料:4人分

カレー専用米プリンセスかおり 2.5合
さつまいも 1/2本
砂糖(さつまいも甘露煮用) 大さじ2
塩(さつまいも甘露煮用) 少々
200cc
ソーセージ 4本
冷凍枝豆 適量
ブロックチーズ 2個
ディル 適量
ネギネージュ 大さじ5
ブラックペッパー(仕上げ用) 適量

作り方

  1. プリンセスかおりを炊飯しておきます。
  2. さつまいもを5ミリの輪切りにします。鍋に水・砂糖・塩を入れ、沸騰したらさつまいもを入れて甘露煮を作り、出来上がりを5ミリ角にカットします(砂糖を多めにして甘めに作ることをおすすめします)。
  3. ソーセージを薄く輪切りにしてボイルし、冷凍枝豆は流水で解凍してさやから取り出しておきます。
  4. ブロックチーズを2〜3ミリ角にカットし、ディルは洗って小房にちぎっておきます。
  5. 炊きたてのプリンセスかおりをボウルに取り、ネギネージュ(フレンチドレッシング)を入れて合わせ、ディルの半分・ソーセージ・枝豆・さつまいもの半分を入れて和えます。
  6. お皿に盛り付け、チーズと残りのディルとさつまいもを上にちらし、ブラックペッパーをひけば完成です。
お米と合わせる際のネギネージュの量は、お米2.5合に対し大さじ5を目安に合わせてください。
濃い味がお好みの方はできあがりのうえに追いネギネージュでお召し上がりください。

プリンセスかおりで洋風ちらし寿司

とってもおいしそうですね! お客さまからはコメントと感想をいただいています。

プリンセスかおりのパラッと感と香ばしさを活かして洋風のちらし寿司を作りました。
このお米は香りはもちろんのこと食感がもちっとしながらもさらりとしていて、普段食べているお米とは違っておもしろいです。
オイルの入ったドレッシング(田中農場さんのネギネージュ)で和えることでお米が口の中でよりほどけやすく、お寿司だけどピラフのような味わいとなり美味しくいただきました。

プリンセスかおりといえば洋食・エスニック・中華などをついつい想像してしまいますが、和食のちらし寿司を作って来られたことにびっくり!
これはぜひ試してみたいです^^
次回は「いかすみライスコロッケ」をご紹介します♪

▼▼カレー専用米・プリンセスかおりの購入はこちらから▼▼
プリンセスかおり2kg【カレー・炒飯・パエリアがプロも認める味になる香り米】

コメント

タイトルとURLをコピーしました